「高千穂神楽」で高千穂の伝統と神々を感じる旅

高千穂の伝統と神々を感じる旅をしませんか!

うずめちゃん
今回は、高千穂コンシェルジュ2018秋号の戸高さんに高千穂の伝統と神々を感じる旅を紹介していただきます。
戸高さん
高千穂では毎晩「高千穂神楽」が行われています。高千穂の伝統と神々を感じることができますので、ぜひお越しください。

高千穂神社境内の神楽殿で8時から毎晩行われている「高千穂神楽」

戸高さん
高千穂神社裏参道が明るく灯されています。19時から受付が開始されていますので、前の方で見られたい方は早めにお越しください。高千穂神楽は高千穂神社境内の神楽殿で行われています。入口で受付が行われています。

20時から高千穂神楽の説明が行われ高千穂神楽が始まります。

戸高さん
神楽の舞手により、高千穂の夜神楽の説明があり、高千穂神楽が始まります。私の地区の押方五ヶ村神楽保存会の神楽の写真でご案内します。

手力雄の舞

戸高さん
手力雄命が天照大神をお隠れになられている天岩屋を探し出すために考えたり、静かに音を聞いたりする神楽で、鈴と御幣を持ち、天岩屋を探り当てる舞です。

鈿女の舞

戸高さん
天鈿女命が天照大神を天岩屋から誘い出そうとする舞で、所在がはっきりした天岩屋の前で、調子面白く舞う神楽で、優雅な舞です。

戸取の舞

戸高さん
手力雄命が、たすきを掛ける力に充ちた舞です。面の汗をはらい黒髪をふり乱して渾身の力をこめて岩戸を取りはらう荒々しい神楽です。

御神体の舞

戸高さん
伊弉諾尊・伊弉冉尊の二神が新穀で酒をつくり神前にささげる神楽で、お互い仲良く酒を飲んで抱擁し合い夫婦円満、子孫繁栄、五穀豊穣を祈願する舞です。
戸高さん
高千穂神楽の中でも、一番盛り上がる「御神体の舞」イザナギノミコトとイザナミノミコトのご夫婦による舞で、酒を作り飲み交わすと酒に酔って客席を回ります。神様に好かれた方はいいご利益があるかも!!

最後に皆様にご挨拶して終了です。

戸高さん
この日もたくさんの方に見に来ていただきました。私は太鼓を担当していました。

最後に記念撮影 みなさんご一緒に!

 

高千穂神楽
場所:高千穂神社神楽殿
日時:毎日(※11月22日23日は毎年、高千穂神社の夜神楽まつりが行なわれるため、「高千穂神楽」は行ないません。夜神楽まつり神楽をお楽しみ下さい。
受付開始時間:19:00
時間:20:00~21:00
料金:1人 700円(※団体割引20名以上は1人600円)
収容人数:300名
駐車場:100台(無料)
トイレ:あり
問合せ:0982-73-1213(高千穂町観光協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です